ぞらりんcaféの日ごろ日記

ぞらりあん改めぞらりんが栄養士の資格を生かして、旬の食材の情報やレシピ、美味しかったお店やカフェなどを紹介するブログ。

学校の給食指導に疑問を感じたので栄養士が文句を言ってみるよ!!

こんにちは!

”はぐれ者栄養士”ぞらりんです!

 

今日は少し小難しい話をひとつしたいと思います。

 

それは学校の給食の時間に担任の先生によっておこなわれる給食指導についてです。

 

ぞらりんの仕事は栄養士で、とある給食センターで働いていて、学校に給食指導や食育をしに行く人だ、ということを頭に入れて先へどうぞ!!

 

 

#クラスはその担任の先生の独裁ワールド

わたしは今日、自分が所属している学校に行く用事があったので、せっかくだから子どもたちが給食を食べている姿を見ようとその時間に合わせて行きました。

 

2年生のクラスに行って早速自己紹介をし、「給食を作っている人だよー」というと、子どもたちは大盛り上がり。

 

「給食おいしい!」とか「毎日おかわりしてるよ!」とか。完食したことを報告してくれる子もいました。

 

するとある子が「せんせー、味噌汁の中にご飯入れちゃった!えへへ」と報告してきました。

わたしは美味しく給食を完食してくれるなら味噌汁ご飯にして食べても全然構わないし、そもそも2年生には給食時間が明らかに短いので工夫しないと完食が難しいので、「おいしい味噌汁ご飯を時間内に食べちゃおうね」と声をかけたのです。

 

その直後にその子は担任の先生にも同じような報告をしていました。しかし担任の先生はこう言ったのです。

 

「そんな気持ちの悪い食べ方をしないでください。」

 

わたしは驚愕しましたよ。

すごい言い切っているんですもん。

2年生に「気持ちの悪い食べ方」って言い方はないんじゃないの!?

 

学校の先生はひとりで20人も30人も面倒を見なくてはならないということはわかります。でもそんなに子どものことをないがしろにしていいの?

 

学校のクラスというのは小社会なんですよね。

だから担任の先生がいいと言えばいいし、ダメと言えばダメなんです。いわば担任の独裁に近いですよね。子どもはなにもわからないので慕って担任の先生について行きます。

そんな先生に気持ち悪い食べ方、なんて言われたら「ああ、これは気持ち悪い食べ方なんだな」と刷り込まれてしまいます。

 

本の学校って、そうやって子どもの考えを真っ向から否定して独裁的な意見を押し付ける教育が少なくない。

わたしは給食の一コマでかなり闇深いものを見たんです。

 

 

#わたしならこう言う。

担任の先生が「気持ち悪い食べ方をするな」と言った真意は「他に食べている子の気分を害するようなことはしない配慮を身につけさせたい」と言うのが、少なからずはあったのではないかと思っています。(思ってなかったらかなり・・・ねぇ?w)

 

そのような気持ちもわからなくはないので、もしそう言う指導をしたいならわたしならこう言います。

 

「おいしそうな味噌汁ご飯だね。でもみんなで向き合って食べているから、中には味噌汁ご飯を見て、混ぜて食べるのはお行儀が良くないと思う人もいるかもしれないよね。今度からはどうしても時間がなくて食べきれない時の奥の手にしようよ!」

 

頭ごなしに否定されると大人でも腹たつもんです。

それは子どもでも同じ。

「子どもだからわからないだろう」は一番子どもを尊重していないし、良い影響も与えないんですよ。

 

 

#給食時間が少なすぎ。

わたしが小学校の時もそうだったのですが、何しろ給食時間が短い。

低学年の時は食が細くて、食べるのも遅かったので苦労しました。

 

その頃から明らかに食育についてフィーチャーされるようになったのに、給食の時間が変わらないってどう言うことですか??

 

それどころか、4限が長引いてしまうと給食時間を削って帳尻を合わせるんです。

そりゃ食育もはかどらないし、残菜も多いわけやね!!!

 

こういう根本的なことからどうにかしないと変わっていかないんですけどね・・・

 

 

終わり。

中野にある二軒長屋の古民家カフェ「モモガルデン」が居心地最高だった

こんにちは!

”はぐれ者栄養士”ぞらりんです!

 

とうとうGWも終わってしまいましたね。

世間のお父様方、家族サービスお疲れ様でした!

夏や冬の長期休暇と違い、短期集中型の大型連休だったので、まあ毎年のことではありますがどこもかしこも混んでましたね(汗)

わたしも勤め人でありますので、こんな大型連休なんぞ稀です。

ここぞとばかりに連休をエンジョイする計画を立て、フルに遊んでましたww

 

そんな中、ふとテレビをつけた時にNHKでやっていた古民家カフェを紹介する番組で、中野にあるなんとも素敵なカフェを紹介していて、その魅力に居ても立っても居られなくなり、早速調査しに行ってまいりました!!

 

 

#古民家カフェ、その名も「モモガルデン」

f:id:zoraao1994:20170608130556j:image

中野駅から徒歩16分ほど。

店名である「モモガルデン」は『桃園』の意味だそうで(桃+ガーデン?)、桃園緑道沿いにあるカフェです。

実際の二軒長屋を改装し、2013年にオープンしたそう。

内装は古いものをうまく使っている割に古ぼけた印象はなく、うまくカフェと融合していました。

緑も多く、古いのに爽やかな印象で、周りにマンションなどが立ち並ぶ中、ひっそりと、それでいてはっと目を引くような外観でした。

 

お昼どきから時間をずらして行ったのですが、いざ入店すると満席に近い盛況ぶり。

テレビで放映されたからかな。

客層は割と様々で、ママ友の集まりやカップル、女友達同士など。

テレビでは近くに住むお年寄りもくると言っていたから、本当に客層が豊かなんですね!

 

メニューもスパイシーな自家製インド風カレーやパスタなどがあり、ケーキも種類豊富。

わたしはカレーとアイスコーヒー、チーズケーキを頼みました。

 f:id:zoraao1994:20170608130637j:image

カレー、すっっっごいスパイシー!!!

スパイスたっぷりで結構ピリ辛。しかもスパイスがホール(粉にしていないそのままのもの)が入っていて、うっかりかじってしまうと口の中が大変なことに(汗)

すぐに顔が火照ってきてしまいましたが、本格的なお味に大満足!

コーヒー豆は近くにあるお店から仕入れているとのこと。

今度はそっちも行ってみたいなあ。

 

 

ごちそうさまでした!!

 

 

#気になる所在地は?

東京都中野区中央2ー57ー7

桃園緑道沿いにあります。

営業時間中は道に立て看板が出ているので、分かりやすいと思います。

 

営業時間は火曜から日曜 11:00〜18:00

金曜は不定期で11:00〜21:00

 

ウッドデッキはワンちゃん同行も可です。

 

”ぞらりんcafe”開設!!! & トマトで夏を元気に!

こんにちは!

ぞらりんcafeオーナー、ぞらりあん改め、ぞらりんです!

 

”ぞらりあん委員会”というブログをやっていましたが、わたしの栄養士としての知識や大好きな料理、カフェ巡りに関することをエントリーする場が欲しくなり、この場を借りて挑戦してみることにしました!!

 

ぞらりあん委員会のほうは長らくお休みしていましたが、これを機にそちらも徐々に再開していけたらと思っていますので、よろしくお願いしますね✨

 

 

 

とりあえず、第1発目はこの話題にしましょう!

 

#トマトで夏を元気に乗り切る!!

この間テレビを見ていて、「世界の果てまでイッテQ!」のお祭り男のコーナーで宮川大輔さんがオレンジ祭りに参加してました。

 

このオレンジ祭り、オレンジを投げ合う相当過酷な(?)お祭りなのですが、以前こんな感じの祭りに参加してなかったっけ?と思っていたら、スペインの”トマト祭り”に参加していたことを思い出しましたw

 

ところで、トマトと言えばもうすぐ夏ですね!トマトも美味しい旬の季節です。

 

近年、ハウス栽培のレベルが上がって冬でも美味しいトマトが食べられるとはいえ、やはり旬のものには勝てません。

 

栄養価も格段に違うし、何より夏野菜には体を冷やす効果があるので、まさに夏に嬉しい食材ということなんですね。

 

 

#トマトって、何者??

トマトって何科の野菜か、知っていますか?

 

実はトマトはナス科の野菜なんです。

トマトとナスって全然違ったものに見えるので信じがたいですが、大昔、進化の過程で分かれたそうで、親類のようなものなんですね。

 

そんなトマトですが、一般的には真っ赤なのが特徴。

 

真っ赤でおいしそうに熟れたトマトがあったら、ついつい「どう調理しようかな♪」なんて考えてしまいます。

 

このトマトの赤い色はリコピンという抗酸化作用のある成分でできており、老化防止、動脈硬化などに効果のある栄養素。

特にリコピンは抗酸化作用が強く、他の抗酸化作用をもつ栄養素であるβ−カロテンの2倍とも言われているんです。

 

しかしなぜ、人間は酸素を吸って生きているのに、抗酸化しないといけないのでしょうか?

 

酸素は人間の体内の赤血球と結びつき、体の各所へと送られます。

そこで食べた物を熱エネルギーに変換し、体を動かす手助けをするんですね。

しかしそれと同時に細胞を酸化させて、疲れさせてしまいます。

これを元気にさせるのが抗酸化作用をもつリコピンというわけなんです。

 

 

リコピンを効果的に摂るには?

夏場にキンキンに冷やしたトマトを丸かじりするのも醍醐味ですが、リコピンをたくさん摂ることを考えると、熱を加えるのが効果的です。

比較的熱に強い成分なので、熱して壊れることはなく、体に吸収されやすくなります。

 

生だけにとどまらず、パスタソースにするなど効果的に美味しく摂取していきたいですね!

 

しかし、トマトにも実は食べ過ぎるとあまり良くないことがあるんです。

 

 

#トマトは実は毒があった?!

真っ赤に熟したトマトにはさほどこれといった毒性はありませんが、熟していない緑色のトマトにはトマチンというアルカロイドが含まれていて、これには殺菌剤の効果もあるそう。茎や葉にも含まれているそうです。

 

これはトマト自身が害虫などの敵から身を守る術なんですね。

 

赤くなってしまえば、問題はないというのが不思議なところですが、食べ過ぎには注意したいところ。

 

 

トマトが体にいいからとそれだけをたくさん食べるのではなく、旬の食材をバランスよく、いろんな種類を食べるのが健康にとって一番です。

 

それではこの辺で!!ばいばーい!